目標設定と行動-「3か月」の使い方で人生は変わる

ずいぶん久しぶりに・・2カ月ぶりに
記事を更新☆

5月下旬~6月末まで、
それなりに受注が来る日常に慣れ始めたころ

急激に・・・注文がこなくなった(-_-;)

・・・まずい・・・・

と思いつつ
もともと 怠け者なので

日中行く会社へ行く以外
明確に稼ぎになる という行動を考えてとらなかった

そうだよ
何事にも、閑散期があるんだよ

ということを考えていなかったので
突然、閑散期に突入して、、この時期なのか?!?
とΣ(゚∀゚ノ)ノ

まったく恐ろしいです。。。

・・・自分の行動に
& 人間の習性のすごさに・・・

世の中のバーゲンセールのお陰か
BUYMAからのクーポン発行のお陰か

ココ最近、ちょっと注文が来始めたけど
これまた日が偏るんだ。。。(p_-)

人間の行動する日って
無意識に共通 してますよね?

いつまでもダラダラやるのではなく
勉強と同じく 短期集中
で ガーッとやろうとした矢先
ちょうど目にした本

クラウド会計サービス freeeの社長さんの著書

Googleでの
3カ月で目標設定し、行動していく

3カ月を継続し、3カ月を積み重ねていく

という考え方がよく

今日からの3カ月で
現状のBUYMAから変化をつけることにした。

恥ずかしながら、私の場合
1日のタイムスケジュールを作る
というところから始めて

1日の使える時間をだし
BUYMAの作業をだして、それぞれ時間にあてこみ
もっとも優先度が高いものに関しては、日々数値目標を決めておく。

の前に、
3カ月で大きく取り組む目標をたてる。
それに向かっていっきに行動だけをしていく

まず地盤として最も大切な、人生のコンパス(軸)をブレないように設置

命にかかわる猛暑な関東

頭は 冷たく冷静にいくぞ☆

登録お願いしているパートナーに
ペースメーカーとしても協力してもらえばいいんだ!

と思った(^^)

日常のやり取りで 仕事上のイライラとともに(*_*;
人間同士としては癒やしをいただいているから

Amazonより抜粋

働き方改革、残業ゼロ、AI、効率化、生産性……、「時間の使い方」の巧拙によって圧倒的な個人差が生まれる時代に、必読の1冊。

◎「本当にやりたいこと」実現できていますか?

「時間術」や「タイムマネジメント」は、効率化して生み出した時間を、創造的な仕事や人間関係の構築など「非効率なこと」に注ぐためにある、と著者はいう。
とりわけAI時代には、一見すると「非効率なこと」は人間が時間を注ぐ重要な領域になっていくとも。
そこで、本書では、目の前の「やらなければならない」ことに追われる毎日から抜け出して、
3か月で「本当にやりたい(非効率な)こと」を実現するためのノウハウを紹介している。

Follow me!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする